田辺探訪おすすめコース

豊かな自然の中を歩いてリフレッシュ!
田辺のまちなかを歩くおすすめコースが満載です。

現在表示しているページ
ホーム > おすすめコース > 熊野古道コース > 熊野古道 芳養~街中へ
ここから本文です

熊野古道 芳養~街中へ

hito3.gif

海岸線に別れを告げて、田辺から中辺路へと入っていく熊野古道のルートです。

合気道の創始者・植芝盛平翁旧邸や蟻通神社を通り、弁慶ゆかりの闘鶏神社へと向かいます。

 

コース案内

芳養王子
芳養一里塚
植芝盛平翁旧居
潮垢離浜跡
出立王子
本町道標
道分け石
蟻通神社
闘鶏神社

コースガイド

田辺市の入口、芳養王子へ

hayaouji.jpg

国道42号線を和歌山方面に進み、芳養駅前の信号を通過したら、次の信号の交差点を左折します。

ここからは民家の間を入って行くので、急に道が狭くなります。注意しましょう。

右に見えるのは芳養大神社の森です。細い道を行くと分かれ道に差し掛かりますので、右に曲がります。
すると、木造の大きな鳥居が芳養大神社の入口です。駐車スペースはかなり狭く鳥居の前に車1~2台分の広さしかありません。

芳養王子(はやおうじ)

 田辺市の入口ともいうべき芳養王子は、現在、大神社に合祀されています。



さあ、出発!

芳養大神社の鳥居を出て左に行くとT字路があるで右に曲がり、まっすぐに続くこの道を進みましょう。(途中、左にある善徳寺を通り過ぎます。)そのまま住宅地の間をしばらく歩いて行くと、大木に守られるように芳養一里塚があります。王子跡から一里塚までは、狭いですが一本道です。

地元の人々からは「塚の地蔵さん」と呼ばれ親しまれています。m_hayaichiriduka.jpg


もう少し先に行くと芳養郵便局があり、国道と合流します。一里塚を後にし、国道沿いを市街地に向かって進んでいきます。途中、右手には海が見えます。市営球場前の信号を通り過ぎ、左にカーブすると信号のある元町交差点があるので右折します。途中、左手に合気道の創始者、植芝盛平翁旧居跡があります。

 

m_ueshiba.jpg植芝盛平翁旧居跡

合気道の創始者・植芝盛平が住んでいた住居跡です。

 


植芝盛平翁旧居跡を通り過ぎて、次の曲がり角を右に曲がります。曲がった先すぐの分かれ道を左に曲がると、すぐ右手に児童公園が見えてきます。その公園の中に潮垢離の碑があります。

現在は埋め立てられ江川桝潟町に名を変えましたが、児童公園の一隅に腰掛け石と潮垢離の碑が建立されています。

 



身を清める重要な場所

潮垢離浜跡を離れさっそく出立王子へと向かいましょう。公園正面のT字路を、真っ直ぐ通り抜けます。
突き当たりの広い通りに出たら右折し、信号に向かって歩いて行きます。江川大橋バス停を通過し、前方の信号で左折して狭い坂道を上がっていきます。車に注意しながら進みましょう。
坂道を上がっていくとすぐに、左手に鳥居が見えます。道路わきすぐの狭い敷地内に出立王子があります。(鳥居の後ろには大木が植わっています。)

f74f9bfdafff9c8069efad492b0cdf0b.JPG出立王子(でだちおうじ)
中辺路を辿る参拝者には潮で身を清める最後の場所として、ここ出立はとくに重要でした。


石の道標

上がってきた坂道を下り、先ほど渡った信号で左折して広い道を進んでいきます。そのまま進むと橋を渡りますが、橋のすぐ手前で左に曲がると、またすぐに橋があります。ゆるやかなアーチ状の橋で、田辺祭のときは神事が行われます。橋を渡ってそのまままっすぐ進むと、本町通り。つきあたりを左に曲がって3軒目、陶器屋さんの店先に、本町道標がひっそりと立っています。

 

北新町の道分け石ほど大きくはありませんが、お店の方により大事に置かれています。


栄町商店街から北新町商店街へ
道標の前のT字路から栄町商店街へと入っていきます。商店街の上の方を見上げると笠鉾とそれを引く人たちのデザインされた街灯があるので注意してみて!そのまま進んで行くと、信号のある交差点に差し掛かります。この辺りからユリの花の形をした街灯が並んでいる、北新町の商店街に入っていきます。しばらく歩けば、商店街の中ほど、右側の呉服屋さんの前に大きな道分け石が見えてくるでしょう。


m_mitiwake.jpg道分け石
商店街に立つ、熊野古道の標識。大辺路・中辺路の分岐点であった、古の田辺を感じさせます。
このコースでは直進しますが、道分け石のあるT字路から左に曲がると中辺路ルートになります。(道分け石から街灯を見上げると、分かりやすいように「中辺路」「大辺路」と矢印が付けられています。)


そのまま北新町商店街を歩いていくと、通りが少し右に曲がっています。曲がってすぐ右手に蟻通神社があります。

その昔、大火のときに境内の楠の大木が水を吹き、近辺の家々を守ったとの言い伝えがある神社。


蟻通神社を出て、商店街をそのまま進んでいくと駅前大通りに出ます。交差点を右折し、大通りを大浜方面へと進んでいきましょう。次の信号の交差点から左を見ると、闘鶏神社の鳥居が見えます。ここから神社までの通りは「宮路通り」といい、道路は、花びらの様に白く細かなカケラが埋め込まれた舗装になっています。(これは、昔の熊野古道の砂利道を表現しているようです。)
鳥居をくぐり、まっすぐ進むと境内手前の細長い砂利道に出ます。ここは昔の馬場の一部で、田辺祭のときには露店が並び賑やかになります。街中にあるため普段は人や自転車やバイクがよく通ります。春は両側の桜が満開になり、とてもきれいで、花見もできます。

678d7cd970a6bb76ea9dce04f37201b4.jpg闘鶏神社(とうけいじんじゃ)
弁慶の父、熊野別当湛増が、源平合戦の折に、どちらに味方するか紅白の鶏を闘わせたという神社。弁慶ゆかりの社宝が納められています。

※「闘鶏神社」は、正しくは「鬪雞神社」です。

 


JR紀伊田辺駅へは、宮路通りを戻って駅前通りを右に行けば約10分で田辺駅です。

ページトップにもどる