田辺探訪おすすめコース

豊かな自然の中を歩いてリフレッシュ!
田辺のまちなかを歩くおすすめコースが満載です。

現在表示しているページ
ホーム > おすすめコース > 熊野古道コース > 熊野古道・長尾坂
ここから本文です

熊野古道・長尾坂

hito.gif

熊野参詣の一時代のメインコースであった古道・長尾坂では、安珍清姫伝説が残る捻木の杉をはじめ、長尾坂一里塚、水呑峠をとおり長野八幡神社へ。
捻木の杉からさらに進むと田辺湾・白浜を一望できる潮見峠へと辿り着きます。

コース案内

スタート
▼約15分
長尾坂一理塚
▼約50分
水呑峠
▼約30分
捻木ノ杉
▼約50分
長野八幡神社

潮見峠越え

平安時代から鎌倉時代にかけての熊野参詣道は、上皇や貴族を中心に市内下三栖の三栖山王子社から上富田町岡の八上王子社に至る岡越えの道を通っていました。しかし、この川沿いの道は遠回りになるため、南北朝時代(14世紀)頃より、一般庶民は、まっすぐに長尾坂から潮見峠を越えて滝尻王子へ、そして遥か熊野三山を目指しました。現在、潮見峠から滝尻王子へと下る古道の跡は確認できません。
室町時代から明治に至るまで熊野参りや西国巡礼の人々でにぎわい、一時はこの長尾坂を通る「潮見峠越え」がメインコースになりました。

コースガイド

長尾坂入口
長尾坂の入口付近には駐車スペースがないため、バスを利用する方が良いかもしれません。
●バスの場合・・・
JR紀伊田辺駅から、明光バス長野行きで「尾野原口」バス停で降りたら、そのまま県道を上流に歩いて、右に出ている青い熊野古道の道標を見つけましょう。または、出発地点を少し通り過ぎたところにある「長尾口」バス停で降りたら、県道を歩いて戻り、左に出ている青い熊野古道の道標を見つけましょう。
●車の場合・・・
国道42号線より、三栖・長野方面へ、左会津川に沿った狭い県道(温川田辺線)を遡ります。市街地からくると、道路沿いにある右側の青い熊野古道の道標が死角に入るため、気づかず通り過ぎてしまうこともあるので注意しましょう。(道が広くなったら、行き過ぎです。)反対に、長野側からだとよく見えます。
(入り口に立っているオレンジ色のミラーを目印に見ていけば、分かりやすいかもしれないですね。)


古道を辿って
道標を見つけたら、早速、坂道を上がって行きます。
始めはコンクリートの道を進みますが、少し行くと右手に古道を思わせる石畳の道があらわれます。
そこには、大きな岩の上に乗っている石碑と、そばに神様が祀られています。

ページトップにもどる