現在表示しているページ
ホーム > イベント > 田辺祭 > 祭のみどころ > 祭の始まり・神輿渡御
ここから本文です

田辺祭 24日(宵宮)

祭の始まり・神輿渡御

24am01.jpg

祭は、24日の神輿渡御から始まります。
朝、神輿は闘鶏神社を出発し、その行列は市内を通って江川漁港の御旅所へ向かいます。

24am02.jpg

神輿に続いて馬が3頭、化粧し狩衣を着た乗子と呼ばれる子供を乗せ、馬子に引かれて神社を出発します。

24am03.jpg

御輿行列は市内を江川のお旅所に向かいます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

24am04.jpg神輿の渡御に続いて、田辺祭の名物・「お笠」と呼ばれる各町の山車が江川のお旅所に向かいます。
お笠は田辺市内の本町・栄町・片町・北新町・南新町・福路町・江川町から出ます。ほかに紺屋町から衣笠・江川町から住矢が出ます。各町それぞれ趣向を凝らしたお笠は、祭りの2日間町中を引き回します。


お旅所では、神輿-馬-お笠の順に潮垢離などの神事を行います。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

※闘鶏神社は、正しくは「鬪雞神社」と書きます。

ページトップにもどる