jinja.gif
Temples and Shrines

市内のお寺や神社には、縄文時代の土器などが発見された貝塚や、田辺ゆかりの武蔵坊弁慶に関するもの、江戸時代の田辺城水門跡など、歴史ある田辺ならではの史跡が残されています。
また、一風変わったお祭も見所です。

現在表示しているページ
ホーム > 見る・遊ぶ > 神社仏閣 > 芳養八幡神社
ここから本文です

芳養八幡神社(はやはちまんじんじゃ)

hayahachiman.jpg芳養川流域一帯は平安時代以降、山城石清水八幡宮の荘園でしたが、鎮守社として勧請され、いまは中芳養、上芳養八ヶ村区の氏神となっています。ここは豊かな森に囲まれた静かで落ち着きのあるところです。

本殿前には大きな馬の像が両側にあり、どちらも背中には翼を広げた鳩の姿があります。2体の内、向かって左側に「願馬」と呼ばれる黒い馬、右側に「神鳩・神馬」と呼ばれる白い馬があります。その姿はとても凛々しく立派です。

本殿から長い石段を下ると広々とした旧参道の馬場(全長205メートル)があり、秋祭では馬がのびのびと駆け抜けられるようになっています。また、馬場の 傍には竹で囲った馬の控えどころが用意されてあります。そして周りにある大木の枝には、長く重い竹を吊るして重しとし、枝が横方向に広がるよう工夫されて います。

主なイベント
11月3日 芳養八幡神社例祭


芳養八幡神社の秋祭
例祭は11月3日で、宵宮には芳養の海まで潮垢離に出かけます。当日は上・中芳養の八地区から馬が出ます。流鏑馬(やぶさめ)では三つの的を射、神輿の御旅所への渡御(とぎょ)があり、そのあと馬駆けが行われます。例祭は、県の文化財に指定されています。

所在地マップ

住所:和歌山県田辺市中芳養803番地

hayahachiman.gif


より大きな地図で 芳養八幡神社 を表示

ページトップにもどる