jinja.gif
Temples and Shrines

市内のお寺や神社には、縄文時代の土器などが発見された貝塚や、田辺ゆかりの武蔵坊弁慶に関するもの、江戸時代の田辺城水門跡など、歴史ある田辺ならではの史跡が残されています。
また、一風変わったお祭も見所です。

現在表示しているページ
ホーム > 見る・遊ぶ > 神社仏閣 > 伊作田稲荷神社
ここから本文です

伊作田稲荷神社(いさいだいなりじんじゃ)

稲荷神社の鎮座は古く、弘仁年間(810~824)に現・紺屋町から遷されたと伝えられています。
稲成町岩城山の南向きの丘陵地に広がった神社林は、自然の景観をよく保持しています。南方熊楠も菌、粘菌の採集にたびたび訪れています。
入口の大きな鳥居から神社林の中を歩いて行くと、歩道の両側にある灯篭が本殿まで続いています。歩道の右側にある舗装された道路から、車に乗って本殿の間 近まで行くこともできます。本殿までたどり着くと、稲荷神社ならではの鳥居が五つ立っており、両端には「おいなりさん」が出迎えてくれます。豊作を占う二の午の粥占い神事や、5月5日のお田植え神事などが市の無形文化財となっています。

主なイベント
1月7日 例大祭
2月中旬 粥占い神事
4月3日 雛流し
5月5日 御田植祭(田植神事)

粥占い神事
大釜に炊かれた小豆粥に、さまざまな作物の名前(現在は番号)を記した竹筒を入れ、かき回します。竹に入った粥の詰まり具合で、作物のできばえを占う神事です。旧暦正月後の二の午の日に行われます。

御田植神事
稲荷神社の御田植神事は、御田祭ともいわれ、5月5日の午後、行われます。社前の広場を田と見立てて、その四隅に青竹を立てしめ縄を張りめぐらし、そこ で、まず、神主がお祓いをし、巫女が神楽を舞ってから、田植をする様子を再現する神事です。以前は、苗として神事の時に使われた藁は、神事が終わると氏子 がいただいて持ち帰り、水口へ立て自分の田の豊作を祈ったそうです。

所在地マップ


より大きな地図で 伊作田稲荷神社 を表示
 

ページトップにもどる