jinja.gif
Temples and Shrines

市内のお寺や神社には、縄文時代の土器などが発見された貝塚や、田辺ゆかりの武蔵坊弁慶に関するもの、江戸時代の田辺城水門跡など、歴史ある田辺ならではの史跡が残されています。
また、一風変わったお祭も見所です。

現在表示しているページ
ホーム > 見る・遊ぶ > 神社仏閣 > 長野八幡神社
ここから本文です

長野八幡神社(ながのはちまんじんじゃ)

naganohachiman.jpg那須与一が鎌倉から持参した御神体を祀り、梛の木を植えて建立したと伝えられる神社で、もとは川岸にありましたが明治の大水害で流され、現在の場所に遷されました。
11月3日には豊作を祝う古式ゆかしい住吉踊(笹踊り、県無形民俗文化財)が奉納されます。

主なイベント
11月3日 住吉踊


住吉踊
長野の八幡神社はもとは8月15日が例祭でしたが、今では11月3日に住吉踊が行われます。太鼓を持つ音頭取りと音頭ワケに先導され、薄水色の着物に袴を つけた青年たちが、左手に笹、右手に扇を持って円陣になって踊ります。優雅な踊りで、古風な歌詞や振りは中世の趣を残し、古くは笹踊りとも呼ばれます。

所在地マップ


より大きな地図で 長野八幡神社 を表示

ページトップにもどる