kumanokodo.gif
Kumano Kodo Pilgrimage routes

熊野三山への信仰は、霊が宿る熊野の山へと向かう苦行によって、一切の罪業が消滅すると信じられ、当初は皇族を主に、その後、武士や庶民にも広がっていきました。
今では「紀伊山地霊場と参詣道」として、世界遺産に登録されています。

現在表示しているページ
ホーム > 見る・遊ぶ > 熊野古道 > 秋津王子跡
ここから本文です

秋津王子跡(あきづおうじあと)

akiduyasuimiya.jpg王子名は藤原定家の熊野御幸記に秋津王子の名が初めて登場します。秋津にあったことは明らかですが、会津川の氾濫で元の場所は消滅して確定できません。

柳原という所から笠松跡、安井へと移転し、明治以降は豊秋津神社にまつられています。同社所蔵の永正三年(1506)の棟札に柳原王子とあります。

豊秋津神社(とよあきづじんじゃ)

akidujinja.jpgもともとは雲の森大明神、現在では豊秋津神社と改称され、秋津地区の産土神となっています。
11月23日の祭礼にはお渡り神事が行われます。

ページトップにもどる