kumanokodo.gif
Kumano Kodo Pilgrimage routes

熊野三山への信仰は、霊が宿る熊野の山へと向かう苦行によって、一切の罪業が消滅すると信じられ、当初は皇族を主に、その後、武士や庶民にも広がっていきました。
今では「紀伊山地霊場と参詣道」として、世界遺産に登録されています。

現在表示しているページ
ホーム > 見る・遊ぶ > 熊野古道 > 田辺市内の熊野古道(田辺素描より) > 熊野古道 -長尾坂-
ここから本文です

熊野古道-長尾坂- 【2016年10月世界遺産登録】

nagaozaka.jpg平安時代から鎌倉時代にかけての熊野参詣道は、市内下三栖の三栖山王子社から上富田町岡の八上王子社に至る岡越えの道を通っていました。しかし、南北朝時代(14世紀)頃より、潮見峠(中辺路町)越えの道を通るようになっていきます。

この道は、上三栖より長尾坂(約16町)を登って、水垣内(水ガ峠)、捻木峠、中ノ峠、潮見峠に至るルートです。長尾坂は、その後、長い間(昭和のはじ めまで)、熊野参りや西国巡礼の人々など、多くの旅人で賑わいました。ちなみに、長尾□から、潮見峠までの間には、茶屋が5軒もあつたといわれています。

長尾坂には、一里塚跡(和歌山から21里)や、道祖神、昼寝王子、茶屋跡の馬つなぎ石などが残っています。また、逃げる安珍を追ってきた清姫が、悔しさのあまり枝をねじまげたといわれる捻木の杉(高さ約20メートル)など熊野古道の歴史とロマンが感じられます。

(橋本観吉:田辺市文化財審議委員)

ページトップにもどる