kumanokodo.gif
Kumano Kodo Pilgrimage routes

熊野三山への信仰は、霊が宿る熊野の山へと向かう苦行によって、一切の罪業が消滅すると信じられ、当初は皇族を主に、その後、武士や庶民にも広がっていきました。
今では「紀伊山地霊場と参詣道」として、世界遺産に登録されています。

現在表示しているページ
ホーム > 見る・遊ぶ > 熊野古道 > 三栖廃寺塔跡
ここから本文です

三栖廃寺塔跡

misuhaiji.jpg白鳳時代(8世紀頃)の創建といわれる三栖廃寺は、当時一町四方に法隆寺様式の伽藍をもつ、牟婁郡豪族の氏寺だったといわれます。塔跡に石段などが残り、ここに三重の塔が建っていたといわれます。
これほど立派な寺があったことは、下三栖も熊野地方の文化の中心として、栄えていた事を物語っています。

今は、その寺があった所に、「史跡三栖廃址」の記念碑がたてられています。

所在地マップ


より大きな地図で 三栖廃寺塔跡 を表示

ページトップにもどる