kumanokodo.gif
Kumano Kodo Pilgrimage routes

熊野三山への信仰は、霊が宿る熊野の山へと向かう苦行によって、一切の罪業が消滅すると信じられ、当初は皇族を主に、その後、武士や庶民にも広がっていきました。
今では「紀伊山地霊場と参詣道」として、世界遺産に登録されています。

現在表示しているページ
ホーム > 見る・遊ぶ > 熊野古道 > 長尾坂一里塚
ここから本文です

長尾坂一里塚(ながおざかいちりづか)

nagaosaka.jpg上三栖から人びとに険しい坂として知られる長尾坂を登り、潮見峠へとたどる古道は、室町時代から明治に至るまで熊野参りや西国巡礼の人々でにぎわい、この長尾坂をとおる「潮見峠越」が一時代のメインコースになりました。長尾坂の一部には石畳が残っていて、当時の面影をうかがい知ることができます。

※「長尾坂」及び「潮見峠越」は、2016年10月世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に追加登録されました

江戸時代にはこの坂の途中に和歌山から21里にあたる一里塚がつくられました。一里塚とは、街道で一里ごとに道の両側に土を盛り、エノキなどの木を植え て、距離を示す目印とした塚のことです。当時は、松の大木があり、その下で旅人がよく一休みしたといわれています。
現在、一里塚跡には説明の看板と柱が残るだけです。

map.gif

ページトップにもどる