kumanokodo.gif
Kumano Kodo Pilgrimage routes

熊野三山への信仰は、霊が宿る熊野の山へと向かう苦行によって、一切の罪業が消滅すると信じられ、当初は皇族を主に、その後、武士や庶民にも広がっていきました。
今では「紀伊山地霊場と参詣道」として、世界遺産に登録されています。

現在表示しているページ
ホーム > 見る・遊ぶ > 熊野古道 > 潮垢離浜跡
ここから本文です

潮垢離浜跡(しおごりはまあと)

shiogori.jpg熊野路のちょうど中ほど、田辺で大辺路と中辺路に分かれており、参拝者の多くは、海岸線に別れを告げ、中辺路を辿るため、口熊野の田辺で最後の潮垢離をとっていました。 昔は神仏にお参りする際、しばしば全身に水を浴び、身を清めることをしました。これを「垢離(こり)を取る(掻く)」といっていました。

現在浜は埋め立てられ辺りは住宅地になっていますが、道路沿いの小さな児童公園の一隅に崇神天皇が潮垢離のときに使われたと伝えられる腰掛け石と大きな潮垢離浜の碑が建立されています。

所在地マップ

13f6a7598ce15a313bb7c0bff4aad06f.gif


より大きな地図で 出立王子 を表示

ページトップにもどる